出会いが良好な状態に北海道ではあります

はパンの大きなヘビのパンです。出会いは干潮ですが、うねりはありませんが、海からはかなりの風があります。ニゴリは良好な状態にあり、6時の朝から7時半までの2つの出会いでインディゴコンディショニングされています私は小さな穀物を落としてそれを捕まえました。

北海道 出会い

前回からは弾力のある海に変わっていて、まだ海に出ていないが、海に浮かぶ小さな魚を見ることができるようだ。それはイガイのように、餌を与え胃るためのアタリはありませんが、最初に捕まえられたのはアタリです。その後、私はあきらめて堤防の堤防から降りて、7時頃にはしごから約5メートルで出会いで止まった。

私は軽い装備の場所に乗っていたような重い抵抗を感じて、それを後の急いでポールに置いた。それから3回以上突っ込んで糸を取り出しながら慎重に取りました。海で魚を見たとき、私の足は大きさで震えて興奮していました。そのアタリだけが黒い鯛のアタリでした。私はそれが乗り物の始まりだと思う。

まだ多くの魚はありませんが、少しずつ大きくなっているようです。

今から本格化するのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です