北海道の出会いでは二度とそんなことは起こらない

北海道の出会いの孫が、平和教育の最中に「祖母がとんだのもりの悲劇を体験した」と先生に話しました。

3人兄弟が殺された家族がいると、先生の指示に従わずに家に直行する子供もいます。一発の爆弾が一木地域の住民の運命を北海道の出会いした。率いた先生の更なる後悔。 「みんなの気持ちを考えれば、話したくなかった」

終戦から70年以上が経過し、広瀬さんはようやく小大会社での経験を「二度とそんなことは起こらない。平和を続けていけば」と語り始めた。北海道の出会い。” ..

亡くなった母も、幼い頃に浅草での東京大空襲を生き延びました。

胸を震わせるいい話

「おばさん、彼の写真はありますか?」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です