北海道では私は出会いに向かっています

終わりは13時だから、あなたが昼食を取るために回っていたら
「北海道・ドーラク」は私の目に留まった。
高い北海道があったので、私は前に入場したことはありません。
要するに、私はカニを嫌うことはありません
食べるのが面倒だったので、私は敬遠されました。
しかし、私は変化に向かっています。

北海道 出会い

4階までのフットウェア取り外しエレベーター。
私は建物全体に気付かなかった。
私は昼食時にパーティー会席を決めてメニューを見ることにした。
北海道は飲み物を頼んだので、それは水で良いと思った。

書記官が私たちに草案を提出します。
そして初めての酢酢。
別に酢につけていなくても十分おいしいですが、
とにかく食べにくいです。

店員が到着しました。
カミ米が完成するまでに30分かかります
私はそれを作ることができますか?私が聞いたことがある。 OK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です