北海道の出会いに懐かしい人がやってきました

別の懐かしい人がやってきました、

ふたりともたまたま私の家にやってきた

このような北海道の出会いがあります

普段は疎遠ですが、会うと寂しくて以前と同じです。

そういう北海道の出会いも同じで、人と連絡を取り続けていきたいですし、数年ぶりに覚えておきたいのですが、連絡を取りたいです。
「柳生」
ヒロシの移民の森を買って森に移住したので、子供がいじめられていたので森に行きました。それは森の開発から始まりました。
子供の病気は彼の妻を認知症にさせ、パニックにさせます。

北海道の出会い症を隠し、生き、嘘をつくことは困難でした。

妻は施設に入って落ち着いていた。

立場からすると、虚栄は嘘をつき、生きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です